植物好き、雑貨好き、犬好き、紅茶好き、そして野球♪好きなインテリアコーディネーターのひとり言


by azalea.k
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

f0105584_1712127.jpg~本当に短い旅でしたが、三日目はロンドンに移動し今度は主人と二人で、できるだけいろいろまた回りました。これはロンドンのBramah Tea&coffee Museumでのティータイム。キームンという私の大のお気に入りのお紅茶をいただきましたが、さすがに美味しかった!私が是非ロンドンで行きたかった場所のひとつです。お勉強になりました。Bramahさんとこのあとツーショット撮らせていただきました。










f0105584_17143183.jpgここなんとトワイニングの本店なんです。開業当時からこの場所だったとか。ホテルのコンシェルジェに聞いた場所とは大違いで、歩いて歩いてみつからず結局タクシーにのり、やっと見つけました。間口がこんなに狭いのです。まるで京都の長屋のよう。中も、うなぎの寝床状態でした。でもここが本店と、なんだか感激しました!










f0105584_17154785.jpgこの優雅な場所はあこがれ?のフォートナムメイソンのティールームです。本場のアフタヌーンティをいただきました。ピアノの生演奏もありました。お味はお紅茶とても美味!ケーキ類は甘さ控えめでした。お値段は場所代ということでしょう、お夕食がいただけるほどのお値段でした。イギリスでは超高級ホテルのアフタヌーンティでもティバッグと聞いていたのですが、さすがに紅茶の会社のティールームですからリーフティでした。








f0105584_1714963.jpgフォートナムメイスンは高級デパートですからこの食器売り場のディスプレーの豪華なことといったら!!!もちろんイギリスにいる間中、建物ウオッチングもインテリアウオッチングも怠りなくしていました。う~んこちらも楽しかったです~!
[PR]
by clematisk | 2006-12-17 21:13 | 紅茶、お菓子 | Comments(2)

イギリス紅茶short旅

本当にまたまたご無沙汰しておりました。反省しきりです。最近色々なことがありましたが、やはりイギリスに行ったのが最大のトピックスです。何故こんな時期?なんですが、主人の仕事がマンチェスターでありそのとなり町が、ストーク オン トレントというたくさん窯元が集中している有名な町だったのです。私が通っている紅茶教室でも陶器の歴史の授業でその町が最初にとりあげられ、どうしても行ってみたくなりました。なんと三泊五日の強行軍で、そのうち一日は飛行機でのロンドンへの移動日でした。でもとにかく、たくさん回りました!しかもストーク オン トレントは一人で電車に乗り地図を片手に誰かれとなく道を尋ねながら・・・f0105584_19242781.jpg
これはGladstoneという陶器博物館です。昔はこんな窯で焼いていたんですね。












f0105584_19332325.jpgこれがストーク オン トレントにあるSpode社。1800年にジョサイア・スポード二世がボーンチャイナを完成させたのがここでした。










f0105584_19482118.jpgこれが、スポードのファクトリーショップです。もうたくさん買ってかえりたかったのですが、歩いてのしかも一人での移動だったので、見ることに意義ありと割り切りました。






f0105584_194079.jpgこれはウエッジウッドのファクトリーショップ内にあるティーサロンで。すべてこのようにウエッジウッドの食器ででてきます。イギリスにいる間はどこでも紅茶を頼み、あきるほどスコーンをたべました。紅茶の色はイギリスのお水が硬水のため色がクロっぽく見えます。必ずミルクがたっぷりとついてきます。ほとんどの場所ではティーバッグでした、ロンドンの二箇所以外は。でもお味はよかったですよ。
続編はまた!
[PR]
by clematisk | 2006-12-09 20:05 | 紅茶、お菓子 | Comments(2)